読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未分類なブログの跡地

はてなブログからWordPressに移行しました

美容師に髪を切られながらWebコンサルをした

移転しました。

今日は大学時代の友人の結婚式だ。新札に両替を行いながら、結婚式のためにわざわざ新幹線に乗るなんてクレイジーだと幻滅する。海外ではこんな馬鹿らしいことをしているのかと軽く調べると、アメリカではご祝儀が8万円とか書いている記事を見つけて日本に生まれてよかったと思い直した。

 

友人たちはむかつくほど優秀なやつらだ。英語の授業では冗談をかましつつディスカッションするスペックで国家公務員や弁護士、スッチーや外交官や大手の銀行で海外担当になってアメリカとかで仕事している。そして海外で仕入れたボードゲームを一緒に遊んだりしている。一方、僕は話せないし聞けもしない。ライティングはできるのに英語が使えないことを恥じたが反骨精神を持ってスキルアップをすることなく、2年間も続いた英語の講義では何もわからず震えていた。

 

無理やりプレゼンすることになって「ザッツオールサンキュー」で強引に切り抜けたことを一生忘れない。字幕なしの映画を見せられて内容について英語で質疑応答するというテストがあったが、出来損ないの僕のことを案じて「アダムは男ですか?」みたいな質問をされたときは先生と神に感謝した。回答は「イエス!」だけでいい。「聖書のアダム」も「アダム・ダン」も男だ。

 

脱線したが、とりあえず結婚式に髪くらいは整えて参加しないと素晴らしい友人の皆々様方に「あいつは独立して失敗して落ちぶれたのか」と思われてしまう。まぁ何度か失敗はしているので間違いではないが、結婚する友人にも失礼なので何回か利用している美容院に行った。

 

美容院は個人経営で今年オープンしたところだ。ホームページは知人の知り合いに15万円で作成して貰ったらしく酷いクオリティだった。特にスマホからの扱いの悪さは凄い。あれなら無料ではてなブログをやったほうがマシ。本人も満足してないらしい。前回は「グーグルプレイスとYahoo!!ロコへの登録は無料だからやってみたら」という話をしたのだが、ちゃんと言ったとおりに登録してくれた。

 

TwitterInstagramもターゲット的にやったほうがいいとはオススメしたけれど、準備はしているが開設には至っていないとのこと。スマートフォンが数年前のもので写真を掲載していきたいが困っているそうだ。「このスマホは6年前のモノでカメラは~万画素なんです。iPhoneは~最新のスマホに比べて画素数が少ないんですが写真は綺麗なのでスペックが良ければいいというものではないんですよ。デジカメという選択肢もあるし迷います。」と、機械関係は苦手と語っていたのにめっちゃ調べた話しぶりから本気度が伺えて面白かった。

 

そういう真面目な人を相手に話をするのは楽しい。気分が良くなったので色々話をしてみた。最近はWebの集客について業者を呼んで話を聞いたらしい。美容院に訪問してくる業者には全く良いイメージが僕にはない。どんな提案を受けたか聞いてみると月額2万円で6年間契約するというものだった。6年間!? クレイジージャーニー!!*1 この時代になんて狂った契約だろう。SEOについてもよくわかっていなかったようなので、そこから説明する。SEOの基本的な考えなんて簡単だ。グーグルは神だいうことを知ればいい。

*1 僕の大好きなテレビ番組。いつも録画している。ぜひ見て欲しい。

 

アクセス解析については「なんですか、それは」というスタンスをとられた。Webについてはカタカナ用語の説明ばかりでは頭に入らないだろうから「PC使って説明したいんですが、お店に置いてます?」と聞いたところ笑顔で持ってきたのでおもむろに管理ページを覗く。「MODX」というphpcmsシステムだ。僕は扱ったことがないが管理画面から直観的な操作はできない。これを素人にいじれというのは酷だろう。知人の知人のウェブ屋さんは困ったさんだ。ソースを確認するとアナリティクスのコードが貼ってあったのでアナリティクスにログインしてみる。そこにはサイトのアクセスデータがあった。素晴らしい。知人の知人のウェブ屋さんは最低のごみうじ虫ではなかった。データをみると胃が痛くなりそうな数字が出ていた。これが魂を込めて書いたブログのアクセス数ならモチベーションは続かないだろう。項目や数値の説明をざっとして、現状の理解をしてもらい、作り変えることを念頭に置きながら、まずはできることを挙げて、それをやっていくのが良いとお茶を濁した。僕が作るという流れにもいきかけたが、こういうところでは仕事をしたくない。美容師相手に好き勝手に話すのが髪を切るのが楽しみであり、相手がお客様になってしまうと楽しみが奪われるからだ。

 

インターネットリテラシーは全体的に向上しているのかと思っていたけれどPCが苦手な方が多い業界だと、今回のような人がまだまだいるのだなぁと勉強になった。そりゃホットペッパービューティーは強いはずだ。最近は美容師業界の集客についてはあまり知識を増やしていないので良い機会だから色々と勉強している。普段の仕事にも活かせそうなことがたくさん見つかっている。無料でコンサルをすることは決して損にはならない。教えることで自分の足りない部分を知るきっかけになるからだ。次に髪を切ってもらうときはどんな話をしよう。