読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未分類なブログの跡地

はてなブログからWordPressに移行しました

中国などの格安家電を日本のクラウドファウンディングを利用して高値で売る行為

移転しました。

以前、学習リモコンがすごく便利だよ!っという記事を書きました。

roll8.hatenablog.com

 

ちなみに中国大手通販サイトの「GEARBEST」で今はセールをやっていて10ポンド(1300円くらい)で買えます

さきほど、最近の学習リモコン市場はどうなっているのかと調べたら日本では『eRemote mini』として色だけ変えて6000円で売り出すそうです。輸入にはお金がかかりますね。

 

実はクラウドファウンディングをやっていた

さらにネットの反響を知りたくて調べたらこのサイトが出てきました。

www.makuake.com

 

751人のサポーターがいて、目標金額の80万円を大幅に超える587万円集まっています。いやぁ、すごいですね!

でも、「これってありなの~?」って疑問に思ったので運営会社の「株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング」さんに電話して尋ねてみました。

 

回答:ありです!

海外の製品を日本で売る際にテストマーケティングとして利用するのはありだそうです。特に海外で既に販売されているとか、その製品は日本でそのまま使えるとか説明する必要もないそうです。QAでこんな風にしらじらしく言うのもありです。

Q:価格が安いのはなぜですか?

A:以下の理由でリーズナブルにすることができました。

 1.「大量生産」によるスケールメリット

 2.「機能を限定」し、サイズもコンパクトに

 3.既に販売している「eRemoteのノウハウ」を活用できるため

 

スマホで全家電をコントロール!外からも可能「eRemote mini」 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

サポートの方が言うには実際にそのように利用されている方も他にいらっしゃるそうです。

今回の製品は個人輸入すれば船便なら送料無料で1300円ちょっとで買えるものですが、まぁ日本で買える安心感に6000円出すというのもありと思う人がいるならしょうがないですね。

冷静に考えるとアプリは「Broadlink」という海外の会社が提供しているけど日本語化してくれたのはLinkJapanさんという可能性がある、かもしれません。そうなるとLinkjapanさんに寄付しないでアプリ使っている僕のほうがタダ乗りで悪いヤツですよね。まぁ英語のままでも僕は良かったんですけどね。

 

ちなみに既に発売されている大きい学習リモコンはAmazonで9250円ですがGEARBESTだと3300円です。

 

 


あたかも新開発したかのように振舞ってクラウドファウンディングをするのは倫理的にどうなんだろとか、もやもやするものもありますが今回は以上です。

この家電はとても素晴らしいので多くの方に使ってほしいなと思います。

それでは、また。